訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病の看護師としての役割とは?

糖尿病の看護師の役割とは、何でしょうか?病院での病棟看護師という視点から、考えてみました。

糖尿病の看護師の役割「家族に関する情報を収集し、共有する」

糖尿病の看護師の役割としてまず行っていただきたいのが、「家族に関する情報を収集し、共有する」ことです。

糖尿病の患者さんに対して病棟看護師の他にも、理学療法士による運動療法指導、管理栄養士による食事療法指導、薬剤師による薬物療法指導など、様々な職種が患者さんとかかわります。

それぞれの職種が患者さんに対して指導にあたっては、本人の理解力などはもちろんのこと、家族は何人いるか、主に食事を作っているのは誰か、家族はどれほど糖尿病治療に協力的か、など家族の情報も合わせて重要となります。

そこで、糖尿病の看護師の役割として、入院時や面会時を通じて家族についての情報を収集し、それらを他の職種と共有できるようにする必要があります。

普段から一番接点のある看護師が役割として情報を収集しておくことで、より効果的に他職種の方々が指導できるようになります。

糖尿病の看護師の役割「他職種の指導内容がどれだけ理解できているかを確認する」

糖尿病の看護師の役割として、「他職種の指導内容がどれだけ理解できているかを確認する」ことも重要です。

他科に比べ、糖尿病はチーム医療として様々な職種が一人の患者さんに対して関わります。

しかし、他職種の方にとって患者さんはたくさんの他科を含める患者さんの一人であり、指導時間以外ではなかなか接する時間がありません。

そのため、糖尿病の看護師の役割として、他職種の指導内容がどれだけ患者さん自身が理解しているかを確認する必要があります。

運動療法について指導を受けた後、「退院後は、どれくらい運動できそうですか?」など、あくまでも「患者さん自身に考えてもらえるように注意しながら」指導内容がどれだけ理解できているかを確認します。

その中で、「朝起きたらウォーキングをしようと思っているんだ」など、「低血糖の恐れがある運動療法」を行おうとしていたら、「朝食を食べて30分くらいしてからのほうがよいですよ」など、具体的な改善方法を指導します。

一回の指導だけでは、患者さんが間違えて理解してしまう恐れもあります。

そのため、糖尿病の看護師の役割として、「他職種の指導内容がどれだけ理解できているかを確認する」ことはとても重要となるわけです。

糖尿病の看護師の役割「糖尿病に対する不安や愚痴など、負の感情を傾聴する」

糖尿病の看護師の役割として、ぜひ行っていただきたいのが「糖尿病に対する不安や愚痴など、負の感情を傾聴する」ことです。

糖尿病は、一度発症すると生涯にわたって付き合っていかなくてはいけない病気です。

「このまま失明してしまったらどうしよう」「もう二度と、好きなものは食べられないかもしれない」など、患者さんは糖尿病と診断されたことでたくさんの不安を持っています。

糖尿病の看護師の役割として、このような患者さんの不安や愚痴を傾聴し、ストレスのはけ口となることは非常に大切なことです。

ただでさえ入院という非日常的な空間で、毎日指導や検査が続きます。患者さんはかなりのストレスを感じています。

特に病棟では、一番接点があるのが看護師です。糖尿病の看護師として、ぜひ思いを傾聴してください。

傾聴することで、より患者さんとの信頼関係が生まれ、指導もよりスムーズにいくはずです。

糖尿病の看護師の役割 まとめ

いかがでしたか?

糖尿病の看護師の役割についてお伝えしてきましたが、こうしてみてみると、糖尿病の看護は「チーム医療」が非常に重要だということがお分かりいただけたかと思います。

「今の職場はチーム医療が全然できない」「他の職種と連携が全然とれなくて、患者さんに満足のいく糖尿病指導ができない」

そういった職場に対する不満があるあなたへ、私は転職によって環境を変えることをお勧めします。

わたしたち看護師には、「転職サイト」という転職をサポートしてくれる会社があり、登録すると専門のコーディネーターがあなたの希望にあった職場をピックアップし、面接や履歴書作成などのサポートを行ってくれます。

これらのサービスは、全て無料で受けることができるんです。

ぜひ、当サイトランキングから、糖尿病の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ