訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病のチーム医療での看護師の役割とは?

糖尿病のチーム医療での看護師の役割とはなんでしょうか?糖尿病看護の経験から、考えてみました。

糖尿病のチーム医療での看護師は、「チーム内での他の医療従事者との調節」が大切

糖尿病のチーム医療での看護師としてまず大切となるのが「チーム内での他の医療従事者との調節」です。

糖尿病の、特に教育入院においては、理学療法士による運動についての指導や、栄養士による食事についての指導など、様々な職種が糖尿病についての指導を行います。

また、糖尿病の合併症の発症がないかどうか、糖尿病そのものの検査の他に、眼科や腎臓内科などの検査も同時に行われます。

そのため、入院中の患者さんは意外と忙しく、看護師はその中で指導や検査が重ならないかどうかを調節し、チーム医療の中で中心的役割となる必要があります。

糖尿病のチーム医療での看護師は、「患者さんのセルフケア能力をアセスメント」する必要がある

糖尿病のチーム医療での看護師の役割で次に重要となるのは、「患者さんのセルフケア能力をアセスメントすること」です。

施設によって多少の差はありますが、一般的に糖尿病のチーム医療を行う場合、メンバーは、○糖尿病専門医、○看護師、○理学療法士、○栄養士、○臨床検査技師が参加しています。

その中で看護師は、患者さんの糖尿病に対する知識や手技、家族がどれくらい療養生活に対して協力できるのかといった、日常生活内での患者さんのセルフケア能力についてアセスメントを行い、チームの中で情報を共有する役割があります。

糖尿病は、一度発症したら生涯にわたって血糖をコントロールする必要があります。もちろん、退院してからもコントロールは継続しなくてはいけません。

そのため、それぞれ専門の分野から、糖尿病の患者さんについてアセスメントを行い、現在患者さんに起こっている糖尿病についての問題点について話し合いますが、その中でも看護師は「どれほど患者さん自身が行えそうか」という情報を提供することで、より患者さんが日常生活の中で糖尿病の療養ができるようにしていく必要があります。

糖尿病のチーム医療での看護師は、「患者さんの家族に対しても指導を行う必要」がある

糖尿病のチーム医療での看護師として、「患者さんの家族に対しても指導を行う必要」があります。

糖尿病においてのチーム医療とは、それぞれの専門性を生かして情報交換を行いながら、よりよい患者さんへの治療や指導を行っていくことです。

しかし、いくらこちらがさまざまな治療や指導を行っていても、患者さんがその治療や指示を継続させなければ、意味がなくなってしまいます。

チームの中において、看護師が一番患者さんやその家族と触れ合う時間を多く取ることができます。

そこで看護師は、チームで話し合った内容をより退院後も守れるよう、患者さんの他に家族にも指導を行い、患者さんがより治療や指示が継続できるようにフォローする必要があるのです。

同居している家族の協力が得られにくい場合には、他の家族の協力が得られるかどうか、またご年配の方の場合は介護サービスの導入の検討も視野にいれなくてはいけません。

「~だから、これはできない」ではなく、「どうすれば~はできるのか」と考えることが、大切となります。

糖尿病のチーム医療での看護師 まとめ

いかがでしたか?

糖尿病は他の領域以上に、様々な医療従事者がチームを組んで、糖尿病についての指導を行っていきます。その中で看護師は、チーム医療の中心となる必要があります。

「私の病院は個々で治療を行っているから、なかなかチームで取り組むことができない」「もっと糖尿病について指導する時間がほしい」というあなたに対し、私はぜひ転職をして環境を変えることをお勧めします。

私たち看護師には、「転職サイト」という無料のサービスがあって、専門のコーディネーターがあなたの希望にあった病院を探し出し、見学や面接をサポートしてくれます。

ぜひ、当サイトランキングから、糖尿病の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ