訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病のクリニックにおいて看護師が注意すべきポイント

糖尿病のクリニックにおいて看護師が注意すべきポイントとはどこでしょうか?現役の糖尿病療養指導士である看護師が、病院と比較しながら検証してみました!

糖尿病のクリニックにおいて看護師は「まず来院したことに対して評価する」ことが必要

糖尿病のクリニックにおいて看護師は「まず来院したことに対して評価する」ことが必要です。

糖尿病は、一度発症すると生涯にわたって付き合っていく必要がある病気です。

そのため、薬物療法をしていている方はもちろんのこと、まだ薬物療法は開始せずに食事と運動で経過観察している方も、一定のペースで通院を続け、血糖コントロールができているかどうかを検査し確認しなくてはいけません。

糖尿病は高血糖が持続している状態でないと自覚症状が現れにくく、「症状がないから行かなくても大丈夫か」と自己判断してしまい、ついつい食事や運動もさぼりがちとなってしまいます。

何も症状がないのにわざわざ時間を作り、クリニックを受診するということは、とても難しいことなのです。

よって、糖尿病のクリニックにおいて看護師はまず、患者さんがクリニックに来院されたことそのものを評価する必要があります。

もし前回の来院から期間が空いてしまったとしても、責めてはいけません。

まずは来院されたことに対して評価を行い、次回以降はどうしたら期間が空かないで来院されるかを考え、実行する必要があるのです。

糖尿病のクリニックにおいて看護師は「より少ない時間で患者さんと密にコミュニケーションをとる」必要がある

糖尿病のクリニックにおいて看護師は、「より少ない時間で患者さんと密にコミュニケーションをとる」必要があります。

病院や外来では、比較的まとまった数のスタッフがいて、指導の時間もとれますが、クリニックではそうはいきません。

スタッフの数も少なく、また一人あたりの情報収集にかけられる時間も少ないのが現状です。

そのため、クリニックでは病院よりも少ない時間でいかにコミュニケーションをとり、必要な情報を収集するとともに、知識や技術が不足している部分をアセスメントし、改善できるように指導することがポイントとなります。

クリニックという性質上、病院よりも容易にかかりつけ医を変えやすくなります。

そのため、来院された患者さんが負の印象をもってしまうと、次回来院されるのは難しくなってしまいます。

少ない時間で、いかに好印象に対応できるかも、クリニックでは病院に比べてより看護師に求められるスキルとなります。

糖尿病のクリニックにおいて看護師は「地域に根差した情報提供が必要」

糖尿病のクリニックにおいて看護師は「地域に根差した情報提供が必要」となります。

大きな病院では、バスや電車を乗り継いででも通院する患者さんが多いですが、クリニックはほとんどが地域密着型です。

そのため、来院される患者さんのほとんどは近隣に居住している方々となります。

糖尿病のクリニックでの看護師として、地域の名物や行事について精通し、「今度の土日はお祭りがあるけれど、こうしたものだと血糖が上がりにくいからお勧めだよ」

など、より詳しい療養指導ができると、患者さんにとってもより身近な指導となり、親近感がわきやすくなります。

糖尿病のクリニックにおいて看護師が注意するポイント まとめ

いかがでしたか?

クリニックは病院とはまた違った大変さややりがいがあります。

「でも、糖尿病のクリニックは求人が少なそう」「どうやったらクリニックに就職できるかわからない」

そんなあなたに、ぜひおすすめしたいのが「転職サイト」です。

登録すると、あなたの希望にあったクリニックを専門のコーディネーターがピックアップしてくれて、面接や履歴書の書き方、院長がどういう人かなど、看護師の転職に対してサポートしてくれるんです。

しかも、これらのサービスがすべて無料で受けられます。

ぜひ、当サイトランキングから、糖尿病の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ