訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病の看護師として、地域の糖尿病療養指導士資格を取得しよう!

糖尿病の看護師として、地域の糖尿病療養指導士の資格を取得することは、様々なメリットがあるんです。そのメリットを、ご紹介していきます!

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を進める理由 その1 「資格取得の勉強が、ためになる」

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を進める理由、一番目は「資格取得のための勉強が、ためになる」からです。

糖尿病をもっと深く勉強したいと思ってはいても、実際には仕事の忙しさや他にやることなどを優先してしまい、勉強時間の確保をするのは非常に難しいことです。

しかし、地域の糖尿病療養指導士の資格を取得するためには、ほとんど資格取得のための筆記試験を受けなくてはいけません。そのため、一定以上の糖尿病に対する知識がないと取得することはできません。

ただやみくもに勉強するのではなく、「資格取得のため」という目標があることで、勉強時間も確保しやすくなります。

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を進める理由 その2 「地域の糖尿病についてのセミナーに参加しやすくなる」

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を勧める理由、二番目は「地域の糖尿病についてのセミナーに参加しやすくなる」です。

地域の糖尿病療養指導士の資格を一度取得しても、その後数年ごとに資格を更新しなくてはいけません。

更新のためには、それぞれ決められた単位数を取得するため、地域の糖尿病についてのセミナーや勉強会、総会などに参加する必要があります。

地域の糖尿病療養指導士の資格を取得していれば、参加料が割り引かれるケースも多く、「資格更新のため」という目標もあるために、参加しやすくなります。

参加すればするほど、さらに糖尿病についての知識が増えることになり、より糖尿病の看護師として有意義となります。

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を進める理由 その3 「地域の糖尿病に従事する医療従事者と交流できる」

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を勧める理由、三番目は「地域の糖尿病に従事する医療従事者と交流できる」です。

地域の糖尿病療養指導士を運営している各団体では、糖尿病に関するセミナーや講習などを多数開いていますが、地域、というくくりがあるため、講師や進行役の方のほとんども、地域の糖尿病に従事している医療従事者です。

そのため、セミナーや講習に参加するごとに、地域でどんな方が糖尿病に従事しているのか知るきっかけとなりますし、「あの病院では糖尿病に対してこのように指導しているのか」という勉強にもなります。

また、症例検討では他の施設で働いている方と様々な視点から同じ症例を検討することができるため、交流を深めることもできます。

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格を取得することは、他の職場や職種をより深く知ることのできるきっかけにもなるのです。

糖尿病の看護師として地域の糖尿病療養指導士の資格取得を進める理由 まとめ

いかがでしたか?

私自身、糖尿病の看護師としてやりがいを感じるようになったのは、この「地域の糖尿病療養指導士」の資格を取得してからでした。

資格取得をきっかけに、より糖尿病に対して学びたいと思うとともに、当時苦手だった先輩方から糖尿病について質問を受けるようになるという、思わぬメリットもありました。

「資格をとってみたいけれど、私の地域ではそういった資格がないみたい」「もっとたくさんの職種の方と一緒に仕事がしたい」

そうした思いをもったあなたに対し、私は転職をお勧めします。

私たち看護師には、「転職サイト」というサービスがあり、登録すると自分の希望にあった職場をピックアップしてくれて、面接や履歴書の書き方などをサポートしてくれるんです。

しかも、これらのサービスがすべて無料で受けることができるんです!

ぜひ、当サイトランキングから糖尿病の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ