訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病の薬物について看護師が注意すること

糖尿病の薬物について看護師はどのような点に注意すればいいでしょうか?現役の糖尿病療養指導士が考えてみました。

糖尿病の薬物について看護師は、「患者さんがどの種類の糖尿病薬を飲んでいるか」を把握する

糖尿病の薬物について看護師は、まず「患者さんがどの種類の糖尿病薬を飲んでいるか」を把握することが大切です。

「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、一言で糖尿病薬、といってもその効能は様々です。

糖の吸収を妨げる働きがあるもの、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促すもの、細胞内への糖の取り込みを促進するものなどがあり、それぞれ十分な効能を引き出すためには、内服する時間と食事内容が重要となります。

そのため、糖尿病の薬物について看護師が指導する際は、まず患者さんがどの種類の糖尿病薬を飲んでいるのか、十分に把握することが大切となるのです。

糖尿病の薬物について看護師は、「インスリンを打つ時間」について熟知しておく必要がある

糖尿病の薬物について看護師は、特に「インスリンを打つ時間」について熟知しておく必要があります。

看護師の中には、「インスリンは食事の前に打てばいい」と短絡的に理解してしまっている人が残念ながら少なくありません。

そのため、長時間型のインスリンを打つのを忘れていた場合、次の食事まで待ってしまったり、超速効型のものを食事の30分前に打ってしまうといったことも、実際によく見られます。

忙しい業務の中で、なかなか勉強する時間を見つけることは難しいことですが、糖尿病の看護を行う方には、ぜひこの「インスリンを打つ時間」については熟知していただければと思います。

糖尿病の薬物について看護師は患者さんに対し、「低血糖症状を口頭で言えるように指導する」必要がある

糖尿病の薬物について看護師は患者さんに対し、「低血糖症状を口頭で言えるように指導する」必要があります。

糖尿病の薬物療法を行う際、最も注意しなくてはいけない副作用症状が「低血糖」です。重度の低血糖は意識消失を招き、脳に障害を残してしまったり、急な転倒によって外傷を追う恐れもあります。

そのため、軽度の段階で低血糖に気づき、早期に対応することが大切となるために、看護師は低血糖症状について指導を行う必要があるのです。

病院によっては標語を作成し、繰り返すことでどのような症状が出てきたら低血糖症状なのかを覚えていただき、対応方法も併せて指導します。

また、本人のみではなく、家族にも低血糖症状について指導を行い、応急処置を行ってもなお状態が改善しない場合は速やかに病院へ搬送するように指導します。

特に1型糖尿病の場合は運動量や食事内容によって低血糖になりやすいため、どういった食事や運動で低血糖になりやすいか、といったことへの指導も必要となります。

糖尿病の薬物について看護師が注意するポイント まとめ

いかがでしたか?

運動、食事と同様に、糖尿病の治療において薬物は重要となります。

開発が進み、次々と新しい薬物が臨床に登場しているため、糖尿病の看護師としても常に新しい薬物についての知識を追加していく必要があります。

「でも、私の病院では知識を追加していくのが難しい」「もっと糖尿病の看護を学びたい」

という方に対し、私はぜひ転職によって環境を変えることをお勧めします。

私たち看護師には「転職サイト」という転職をサポートしてくれる会社が複数あり、登録することで専門のコーディネーターがあなたの希望にあった職場をピックアップしてくれます。

また、面接でよく聞かれることを事前に教えてくれたり、履歴書の書き方を指導してくれるなど、転生先が決まるまでサポートしてくれるんです。しかも、これらのサービスがすべて無料で受けられます。

ぜひ、当サイトランキングから糖尿病に強い求人のある転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ