訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

糖尿病について看護師が勉強会を開く際、どのようなテーマがよい??

糖尿病について看護師が勉強会を開く際は、どのようなテーマがよいでしょうか?実際に看護師対象に勉強会を開いた経験から、考えてみました。

糖尿病について看護師が勉強会をするとき、まずは「1型と2型の違い」をテーマにする

糖尿病について看護師が勉強会をするとき、まずぜひテーマとしていただきたいのが、「1型と2型の違い」です。

糖尿病を勉強している方にとっては、「1型と2型なんて全く違うじゃないか」と思われるかもしれませんが、看護師として働いている人でも、意外とこの1型と2型の違いを説明することができない方が多いんです。

そのため、1型の患者さんの血糖コントロールが悪かったとしても、「途中で間食してしまっているに違いない」と決めつけてしまうことも、実際によくあります。

実は医師の中でも、インスリンが必要な方は1型、と理解している方がいるくらい、1型と2型の違いを十分に把握していない方はいらっしゃいます。

そのため、糖尿病について看護師が勉強会を開く際は、ぜひまずは「1型と2型の違い」をテーマにしてみてください。

糖尿病について看護師が勉強会をするとき、「各インスリンの効能と打つ時間」について指導する

糖尿病について看護師が勉強会をするとき、「各インスリンの種類と打つ時間」の知識の共有も重要です。

長時間型や超速効型など、インスリンには様々な種類があります。

しかし同じ超速効型でも、インスリンの名前が違ったり、新しく出たインスリンなどは、職員の中でも「このインスリンはどの種類のインスリンなのか」という知識を十分持っていないまま使用している方がいます。

特に「もう食事をしてしまったから」と超速効型と同じように長時間型を考えてしまい、打つのを自己判断で中止してしまったために、結果として患者さんが高血糖状態になってしまった、という事例も実際にあります。

そのため、糖尿病について看護師が勉強会を開く際に、「各インスリンの種類と打つ時間」について指導を行うことで、このような知識不足によるミスを防ぐことができます。

糖尿病について看護師が勉強会を開くとき、「糖尿病薬について」の熟知も必要

糖尿病について看護師が勉強会を開くとき、インスリンと併せてぜひ行っていただきたいのが、「糖尿病薬について」です。

インスリンと同様で、糖尿病薬についても、食事直前に飲まなくてはいけないもの、食後飲むもの、食事を抜くときには飲まないほうがよいものなど、様々な種類があります。

よく看護師のミスであるのが、食事直前に飲ませなくてはいけない薬を飲ませ忘れてしまい、食事の途中や終わった後で飲ませてしまうことです。

こうした行為は、期待する効果が十分得られないだけでなく、患者さん自身も「看護師さんが食事中に飲ませてくれたから、食事中でも大丈夫なんだ」と勘違いしてしまう原因にもなりかねません。

そのため、よく使われる糖尿病薬を例に出し、どの薬がどのような効能を持ち、どのタイミングで飲むべきかを勉強会にて指導することで、投薬ミスを防ぐことが期待できます。

糖尿病について看護師が勉強会を開く際のテーマ まとめ

いかがでしたか?

糖尿病は、まず食事と運動療法を行い、それでも十分な血糖コントロールができなかった場合にはじめて薬物療法が開始となります。

しかし、最近次々と糖尿病に対して新しい薬が開発されており、看護師の知識が追い付いていないのが現状です。

「私ももっと糖尿病について知りたいけれど、なかなか今の環境では学ぶのも大変」「糖尿病について、私も勉強会を開催したいけど、そのような環境にない」といった方は、ぜひ転職によって環境を変えることをお勧めします。

私たち看護師には、「転職サイト」という転職をサポートしてくれるサービスがあります。

登録すると、専門のコーディネーターがあなたの希望にあった職場をピックアップしてくれて、就職までサポートしてくれます。しかも、それらのサービスがすべて無料で受けられるんです。

ぜひ、当サイトランキングから、糖尿病の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ